FOLLOW US

ハーランドに2年後レアル移籍の噂も…ペップは条項の存在を否定「真実ではない」

得点を量産するハーランド [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの契約に関する噂を否定した。5日にイギリスメディア『BBC』がコメントを伝えた。

 ハーランドは5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のコペンハーゲン戦(○5-0)でも2得点をマーク。今夏にドルトムントから加入して以降、公式戦12試合で19ゴールを挙げている。そんな同選手は先日、2024年夏に2億ユーロ(約287億円)、2025年夏に1億7500万ユーロ(約251億円)でレアル・マドリードへの移籍が可能な契約条項が存在しているとして、現地メディアの紙面を賑わせた。

 しかし、グアルディオラ監督はコペンハーゲン戦後、「それは真実ではない。彼はレアル・マドリードや他のチームに移籍するための契約解除条項を持っていない」と噂を一蹴。「噂に腹を立ててはいない。噂や人々が話すことは、コントロールすることができない」とコメントした。

 また、「重要なのは、彼が本当にうまく適応していることだ。彼はここで信じられないほど幸せだと感じているし、これが最も重要なことだ」と、ハーランドの活躍に満足感を示している。

 なお、イギリスメディア『アスレティック』によると、ハーランドとマンチェスター・Cの契約に契約解除金が設定されているのは事実だという。ただ、金額や発動条件などの詳細は不明なようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO