FOLLOW US

ダービーで6失点大敗も…B・フェルナンデスは切り替えを強調「次戦に向けて集中すべき」

マンチェスター・UのB・フェルナンデス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・U所属のポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、マンチェスター・C戦を振り返った。10月3日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 プレミアリーグ第9節が現地時間2日に行われ、マンチェスター・Uは敵地でマンチェスター・Cと対戦。序盤からホームチームの猛攻にさらされ前半を0-4で折り返すと、後半は反撃に出て3得点を挙げたものの、さらなる追加点も献上。最終的に3-6で敗れ、リーグ戦5試合ぶりの黒星を喫した。

 フル出場を果たしたB・フェルナンデスは「序盤の戦い方はベストではなかった。それが多くの問題を引き起こし、早い段階での失点につながった。後半は良くなったと思う。自分たちがボールを保持していた時はゲームをコントロールすることができていた。リスクを冒し、得点することもできた。さらに前に出ようとした結果、失点を重ねてしまった。マンチェスター・Cにあれだけのスペースを与えてはいけなかった」と、試合を振り返った。

 第3節リヴァプール戦以降はリーグ戦で4連勝と波に乗っていたマンチェスター・U。B・フェルナンデスは連勝がストップしたことについて「もちろん本当にがっかりしているよ」と悔しさを滲ませつつ、次のように次節以降への切り替えを強調した。

「次戦に向けて集中すべき時だ。代表ウィーク前のパフォーマンス、信念、一体感を取り戻さなくてはならない。この敗戦で落ち込んではいけないと思っているよ。未来に向けて改善していかなくてはならない。10月には多くの試合が予定されている。これは良いことだと思うよ。回復する時間は短いが、結果を出すチャンスでもある。良いパフォーマンスで良い結果が得られればチームにとって自信になる。次の試合に、そして僕たちに訪れるすべての試合に勝つことを考えているよ」

 マンチェスター・Uは現地時間6日にヨーロッパリーグ(EL)のオモニア・ニコシア戦に臨み、9日に行われるプレミアリーグ第10節ではエヴァートンとアウェイで対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO