FOLLOW US

リヴァプール、18歳の右SBラムゼイ獲得を発表! 背番号は「22」

リヴァプールがカルヴィン・ラムゼイを獲得 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールは19日、アバディーンからU-21スコットランド代表DFカルヴィン・ラムゼイを完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定している。

 イギリスメディア『BBC』によると、リヴァプールが支払う移籍金は、アバディーン史上最高額となる420万ポンド(約7億円)。また、所定の条件を満たした場合、追加で250万ポンド(約4億円)のボーナスが発生する。さらに、リヴァプールが将来的にラムゼイを他クラブへと売却することになった場合、アバディーンは移籍金の17.5パーセントを受け取るようだ。契約期間は明かされていないが、2027年6月30日までの5年間となる模様だ。

 現在18歳のラムゼイは攻撃的な右サイドバック。アバディーンの下部組織出身で、2021年3月に17歳7カ月でトップチームデビューを飾った。2021-22シーズンは公式戦33試合に出場し、1ゴール9アシストを記録。スコットランドのフットボールライター協会による年間最優秀若手選手賞を受賞した。

 ラムゼイは加入決定に際し、リヴァプールのクラブ公式サイトを通じて次のようにコメント。メガクラブ加入の喜びを語り、アピールへの意欲を示した。

「ただただ感無量だし、本当にここにいるなんて夢のようだ。アバディーンでのプレーも夢だった。そして今、世界最大級のクラブでプレーすることは大きな成果だし、自分の持っているものをファンに見せることを楽しみにしている」

「トレント(アレクサンダー・アーノルド)やハーヴェイ(エリオット)のような若い選手もたくさんプレーしてきたし、他にもたくさんいる。それは僕がここを選んだ理由の一つだ。単に大きなクラブというだけでなく、若い選手にもトップチームでプレーするチャンスを与えてくれる。プレシーズンで自分の力を発揮できれば、トップチームのメンバーに入れない理由はない」

 なお、リヴァプールは今夏すでにフルアムからU-21ポルトガル代表MFファビオ・カルヴァーリョと、ベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得している。ラムゼイは今夏3人目の補強となる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO