FOLLOW US

マルセイユにローン中の仏代表DFサリバ、アーセナル復帰を明言「自分の実力を示したい」

アーセナルへの復帰を明言したと報じられたサリバ [写真]=Getty Images

 アーセナルからマルセイユにレンタル加入中のフランス代表DFウィリアン・サリバが、来シーズンのアーセナルへの復帰を明言したようだ。5日、イギリスメディア『アスレティック』が伝えている。

 現在21歳のサリバは、2019年夏にサンテティエンヌからアーセナルに加入。アーセナルの未来のディフェンスリーダーとして期待が集まっていたが、トップチームに定着することはできず、サンテティエンヌやニースへのレンタル移籍を繰り返していた。今シーズンはマルセイユにレンタルで加入し、公式戦通算51試合に出場。ディフェンスの主軸としてクラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得や、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)準決勝進出に大きく貢献した。

 アーセナルからマルセイユへのレンタル期限は6月30日までとなっているサリバ。先日、アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が「彼は戻ってこなければならない。彼がアーセナルで競争するための経験と環境は整った」とコメントしたことから、来シーズンはアーセナルの一員としてプレーする可能性が高いとの見方がなされていた。一部報道では、サリバがチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを理由にマルセイユへの残留を望んでいるとも伝えられていたが、この度サリバ本人がアーセナルに復帰し、「エミレーツ・スタジアム」(アーセナルの本拠地)でのプレーを決断したことを明かしたようだ。

 報道によれば、サリバはフランス『テレフット』に対し「僕はアーセナルに戻るよ。契約は2年残っているし、僕はアーセナルに所属しているからね」と、来シーズンのアーセナル復帰を明言したとのこと。ブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイスや、イングランド代表DFベン・ホワイトとのポジション争いに臨み、サポーターに自身のプレーを披露したいとの意気込みも、併せて以下のように語ったとされている。

「僕はプレシーズンからアーセナルでプレーすることになるだろう。アーセナルではこれまで1試合もプレーできていないが、自分の実力を示したいと思っているし、サポーターや偉大なクラブのためにプレーする機会を勝ち取りたいと思っているよ」

 2019年のアーセナル加入以来、「エミレーツ・スタジアム」でのプレー機会を得られず、レンタル移籍を繰り返してきたサリバ。果たして来シーズン、アーセナルのユニフォームに袖を通し、躍動するサリバの姿を見ることはできるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO