FOLLOW US

ニューカッスル、リヨンのブラジル代表L・パケタに関心か…クラブ史上最高額を準備と現地報道

ニューカッスルが獲得に興味を示すL・パケタ [写真]=Getty Images

 ニューカッスルが、リヨンに所属するブラジル代表MFルーカス・パケタの獲得を狙っているようだ。26日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 現在24歳のL・パケタはフラメンゴの下部組織出身。2017年にトップチームでデビューを飾り、2019年1月にイタリアの名門ミランに移籍。1年半ほどを過ごしたミランでは、公式戦44試合に出場し1ゴール3アシストと実力を発揮しきれなかったものの、2020年夏に加入したリヨンではすぐさまチームの主軸に定着。ここまで公式戦78試合に出場し、21ゴール13アシストを記録している。ブラジル代表としても31試合7ゴール1アシストの成績を残している。

 そんなL・パケタの獲得にニューカッスルが興味を示しているようだ。同紙によれば、リヨンはL・パケタとの契約を2025年6月まで残しているものの、来シーズンのヨーロッパのコンペティションへの出場権を逃し、収益減が見込まれることから、適正なオファーが届けば今夏でのL・パケタの売却に応じる姿勢だという。ニューカッスル側はL・パケタ獲得のためには多額の移籍金を費やすことも厭わないとのことで、イギリス紙『タイムズ』によれば、クラブの移籍金史上最高額を更新する5000万ポンド(約80億円)を超える金額を注ぎ込む可能性もあるとされている。
 
 昨年10月にサウジアラビアの公共投資ファンドによって買収され、豊富な資金を手にして以来、積極的な補強を進めているニューカッスル。今夏にL・パケタがスカッドに加わり、チーム力が強化されれば、来シーズンのプレミアリーグの上位争いに食い込むことも十分想定される。果たして移籍は実現するのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO