FOLLOW US

チェルシー、仮想通貨企業アンバー・グループとパートナーシップ締結…来季から袖スポンサーに

[写真]=Getty Images

 チェルシーは12日、仮想通貨企業『アンバー・グループ』とのパートナーシップ締結を発表した。

 パートナーシップの一環として、『アンバー・グループ』はクラブの公式スリーブスポンサーとなる。同社の主力デジタルアセットプラットフォームである『WhaleFin』のロゴが、2022-23シーズンの開幕から男子チームと女子チームのユニフォームにあしらわれる予定となっている。

 チェルシーは今年3月、ロシア人オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏が英国政府から資産凍結などの制裁を受け、その影響で営業活動を一時的に停止させられている。本来なら新しいスポンサーシップは結べないが、イギリスメディア『スカイ』によると、制裁より前の1月の時点で『アンバー・グループ』との契約は結ばれていた模様。また、同メディアによると、『アンバー・グループ』との契約は、年間2000万ポンド(約31億円)に上るという。

 なお、チェルシーは今月7日にトッド・ベーリー氏が率いるコンソーシアムとクラブ売却の条件面で合意したことを発表。今月下旬に取引の完了を予定している。

 プレミアリーグでは、マンチェスター・Uがブロックチェーンの『テゾス』とすでに複数年のパートナーシップを結んでいる。また、リヴァプールは『スタンダード・チャータード』との契約が満了を迎える2023年夏から、暗号資産関係の企業と新たな胸スポンサーシップを結ぶことが予想されている。

 また、『アンバー・グループ』は来季から、アトレティコ・マドリードとも年間4000万ユーロ(約54億円)の大型胸スポンサー契約を結ぶと見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO