FOLLOW US

マンチェスター・U、ブライトンに4失点大敗 来季CL出場の可能性消える

 プレミアリーグ第36節が7日に行われ、ブライトンとマンチェスター・Uが対戦した。

 チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アーセナルと勝ち点5差、消化試合数が2試合多いマンチェスター・Uは、CL出場権獲得に首の皮一枚つながっている状況で迎えた一戦だったが、早々にホームチームに先行を許す。15分、モイセス・カイセドのミドルシュートがヴィクトル・リンデロフの足の間を抜けて、ゴール左隅に吸い込まれた。

 ブライトンは後半に入ってさらに畳みかける。49分、右サイドのスローインからアレクシス・マック・アリスターのクロスが逆サイドまで流れると、キープしたレアンドロ・トロサールがマイナスパスを送り、マルク・ククレジャが強烈なシュートを叩き込んだ。

 止まらないブライトンは57分、GKロベルト・サンチェスのロングボールを左サイドでククレジャが収め、トロサールへとつなぐと、最後はペナルティエリア内に入ってきたパスカル・グロスが決める。3分後にもトロサールが決めて、後半開始15分で一気に3点を挙げた。

 大量失点となったマンチェスター・Uだが、意地の1点もこの試合では奪えず。4-0でブライトンが快勝した。

 勝利したブライトンは2連勝で勝ち点を47まで伸ばし、順位は9位につけている。次節はリーズとアウェイで15日に対戦。マンチェスターUは勝ち点58で6位のまま。今シーズン残すは1試合となり、22日にアウェイでクリスタル・パレスと対戦する。

【スコア】
ブライトン 4-0 マンチェスター・U

【得点者】
1-0 15分 モイセス・カイセド(ブライトン)
2-0 49分 マルク・ククレジャ(ブライトン)
3-0 57分 パスカル・グロス(ブライトン)
4-0 60分 レアンドロ・トロサール(ブライトン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO