FOLLOW US

マンC相手に2得点!決勝進出の“立役者”マネ「特別な日になった」

 FAカップ準決勝が16日に行われ、リヴァプールがマンチェスター・シティに3-2で勝利。試合後、今回の一戦で2得点を挙げてチームを10シーズンぶりの決勝に導いたサディオ・マネがBBCのインタビューに応じ、難敵相手に自らのゴールで勝利できたことを喜んだ。

 試合の均衡が破れたのは9分、左コーナーキックからブライマ・コナテのヘッドでリヴァプールが先制。さらに17分、マンCのGKザック・ステッフェンがゴール前でパスを繋ごうとしたころにマネが猛然とプレスをかけ、ボールを刈り取りゴールネットを揺らした。そして45分、トレント・アレクサンダー・アーノルドとチアゴ・アルカンタラのパス交換から、最後はボックス右のマネが浮き球のパスを右足ダイレクトボレーで合わせ、ゴール右下に突き刺した。

 後半に2点を返されたリヴァプールだったが、前半に得たアドバンテージを生かして逃げ切ることに成功。今回の一戦を振り返ったマネは「きょうは特別な日だ。世界でも屈指のチームとの試合であり、簡単なゲームではなかった。だからこそ、こういったステージの試合に勝利することは大きな夢であり、大きな勝利なんだ。決勝に進むことができて嬉しいし、とても幸せだ」とコメントし、次のように続けた。

「僕らは序盤から素晴らしいパフォーマンスを披露することができた。高い位置からプレスをかけ、彼らのミスを誘ってリードを奪った。それがリヴァプールであり、僕らのスタイルだ。もちろん、簡単なことではなかったけれど、それが違いを生んだと思う」。

 また、自身の2得点に関しては「チームのために2つのゴールを奪うことができて嬉しい。ただ、今日はチームとしてのパフォーマンスが素晴らしかった。すべての選手が試合を楽しめたと思う。それぞれが適切なタイミングで適切なプレーをすることができた。それが勝利という結果につながったと思う」と述べ、チーム全体のパフォーマンスを称えた。

 依然として4冠の可能性を残していることについては、「いずれわかること。まだ多くの試合が残されているから僕らはベストを尽くすだけさ。ただ、夢であることは間違いない。そのために戦い続けるよ」と述べ、4冠達成に意欲を見せた。すでにリーグカップ(EFLカップ)を制しているリヴァプールは、5月14日に行われる決勝戦で、チェルシーvsクリスタル・パレスの勝者と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO