FOLLOW US

マンC敗戦も…クロップ監督、リーグの優勝争いは「何も変わっていない」

リヴァプールを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、23日に行われるプレミアリーグ第19節延期分リーズ戦の前日会見に臨んだ。22日にイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 リヴァプールは19日に行われたプレミアリーグ第26節でノリッジに3-1の逆転勝利を収め、リーグ戦5連勝で2位につけている。一方、首位を走っているマンチェスター・Cが同日、トッテナムに2-3で敗れ、リヴァプールとマンチェスター・Cの勝ち点差は「6」に縮まった。

 リヴァプールはリーズ戦で一時的にマンチェスター・Cと試合数で並び、勝てば勝ち点差を「3」に縮めることができる。ただ、クロップ監督は「私たちにとっては何も変わっていない。私たちは残りすべての試合に勝たなければならないんだ」と気を引き締め、リーズ戦に向けて次のようにコメントした。

「プレミアリーグの試合はとても難しい。リーズは攻撃面で非常に勇敢で、持てる力をすべて出し切る。守備面では彼らに問題を起こすことができるが、ピッチ全体にマンマークがつくのでそれも難しい。試合に入らなければ、彼らに食われてしまう。彼らは決してあきらめないし、私たちも100%完璧にやらなければならない」

 また、クロップ監督はポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがリーズ戦を欠場すると明言。16日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16ファーストレグで負傷した両者について、「彼らがトレーニングのためにピッチにいないのは、良い兆候ではない。今後数日間、選手たちと何ができるかを見て、週明けに決断を下すことになる」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO