FOLLOW US

トッテナム、トラオレ獲得に向けてウルヴズと会談…コンテ監督も冬の補強を示唆

今冬の移籍が噂されるトラオレ [写真]=Getty Images

 トッテナムは、ウルヴァーハンプトンに所属するスペイン代表FWアダマ・トラオレへの新たなオファーを準備しているようだ。21日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 アントニオ・コンテ監督が補強リストの上位に名を挙げるアダマ・トラオレに関して、トッテナムは21日にウルヴァーハンプトンと会談の場を持った模様。ウルヴァーハンプトンは、2023年6月満了するトラオレとの契約の延長を諦めているようで、ブルーノ・ラージ監督は少なくとも今季終了までの残留を望んでいる一方、クラブは適切な金額のオファーがあれば今冬にも放出を辞さない構えのようだ。

 トッテナムは最初のオファーとして1500万ポンド(約23億円)の移籍金を提示したものの、これはすでにウルヴズに却下された模様。しかしトッテナムは増額した新たなオファーを準備しており、21日の会談を経て、今冬の移籍に向けて自信を手にしたと見られている。コンテ監督も、「私はスカッドの評価を行い、クラブ側とも話をした。クラブが私の意見を聞き入れてくれることを願うよ」とコメントし、冬の移籍市場後半での動きを示唆した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO