FOLLOW US

アルテタ監督、復帰明けの冨安健洋を擁護「信じられないほどよくやった」

アーセナルに所属する冨安 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、失点に関与した日本代表DF冨安健洋を擁護した。20日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 カラバオ・カップ準決勝セカンドレグが20日に行われ、アーセナルはリヴァプールと対戦。ファーストレグは0-0で終了し、迎えた一戦はディオゴ・ジョッタに2ゴールを許し、0-2で敗れ、決勝進出を逃した。負傷から復帰した冨安はフル出場したものの、先制点を許した場面では対峙したジョッタに振り切られたところから失点し、イギリスメディア『スカイスポーツ』ではスタメンの中でチーム最低の「4」と採点されるなど、厳しい評価となった。

 試合後、失点に絡んだ冨安について聞かれたアルテタ監督は「彼は滑ってしまった。彼はボールをブロックしようとして、もう少しで奪うところだったが、滑ってしまってボールは彼の足の下を通り抜けた。そして、彼(ジョッタ)はミスキックをしてボールはGKの逆方向へといった。だから、あれを防ぐのは難しかったと思う」と擁護した。

 また、冨安のパフォーマンスについては「彼は信じられないほどよくやった」と称賛しつつ、負傷明けながら起用せざるを得ないチーム状況であったことも明かした。

「私たちは彼を起用したくはなかった。それでも、セドリック(・ソアレス)とカラム(・チェンバース)がいなかったから、彼を起用するしかなかった。彼がプレーすると知った瞬間から彼はプレーできると言っていた。私たちとは一度も練習することができなかったが、今日のようにプレーして戦うことを望んでいた。だから、私はここにいる選手たちを誇りに思っているし、感謝もしている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO