FOLLOW US

ペップ、F・トーレスのバルサ移籍間近を認める「合意が近いことは知っている」

移籍が目前となるフェラン・トーレス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、バルセロナ移籍が近いとされるスペイン代表FWフェラン・トーレスについて言及した。23日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今冬の移籍市場でバルセロナへ移籍することが決定的とされているF・トーレス。昨季バレンシアから加入した21歳のアタッカーは、これまでマンチェスター・Cで公式戦43試合に出場し16得点を記録しており、スペイン代表でもその存在感を高めている。だが、シャビ監督の就任したバルセロナからのオファーを受け、わずか1年半で退団することが現実になりつつある。

 マンチェスター・Cのグアルディオラ監督は、F・トーレスの移籍の話題に言及。合意が近づいていることを認めた上で、選手の移籍についての自身の価値観を口にした。

「(F・トーレスの移籍は)まだ完了はしていない。交渉が進んでいることや合意が近いことは知っているが、それがすべてだ。クラブが発表したとき、それは完了したということだ」

「我々は他でみられるような、選手が退団を求めてもオーナーが残留を命じるようなクラブではない。もし選手たちが、他の場所ならもっと幸せを感じられるから退団したいと言えば、彼らはそうするべきなんだ。私はその選手に関して幸せに思うよ」

 また、冬のマーケットでの補強について問われると、「我々は1月にストライカーを連れてくることはないだろう」とFWの獲得を否定している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO