FOLLOW US

プレミア初アシストの冨安健洋…大手スタッツサイトの第13節ベストイレブンに選出!

WhoScoredのベスト11に選出されたマディソン(左)、冨安(中央)、ジョッタ(右) [写真]=Getty Images

 大手スタッツサイト『WhoScored.com』は、プレミアリーグ第13節のベストイレブンを紹介。アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋が選出された。

 冨安は27日に行われたニューカッスル戦で加入後10試合連続の先発となり、右サイドバックでフル出場。高い位置での積極的な守備で相手のエースFWアラン・サン・マクシマンを封じ込めると、前半終了間際には自陣の深い位置で相手の決定機を阻止するインターセプトを披露。また、66分には右サイドからのピンポイントクロスでガブリエウ・マルティネッリのゴールをお膳立てし、2-0の快勝に貢献した。

 冨安は同試合で98回のタッチを記録し、パス成功率は88パーセント、うち3本がキーパス(チャンス演出)だった。また、デュエル勝利数は7回。シュート数3本や敵陣ペナルティエリア内でのタッチ数3回など攻撃面の数字も残した。『WhoScored』で今夏の加入後最高となる「8.5」点(10点満点中)の評価を獲得し、ニューカッスル戦のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

『WhoScored』で第13節での評価が最も高い右サイドバックとなった冨安。レスターのMFジェームズ・マディソン(※ワトフォード戦で1ゴール2アシスト)らとともに、同サイトの今節ベストイレブンに選出された。

『WhoScored』が選んだプレミアリーグ第13節のベストイレブンは以下の通り。

※フォーメーションは4-4-2

▼GK
アリソン(リヴァプール) 8.0点

▼DF
冨安健洋(アーセナル) 8.5点
イブライマ・コナテ(リヴァプール) 8.0点
フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール) 8.4点
アンドリュー・ロバートソン(リヴァプール) 7.9点

▼MF
ブカヨ・サカ(アーセナル) 7.9点
ジェームズ・マディソン(レスター) 9.6点
ジョン・マッギン(アストン・ヴィラ) 8.8点
レアンドロ・トロサール(ブライトン) 7.8点

▼FW
ジェイミー・ヴァーディ(レスター) 8.9点
ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール) 8.9点

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO