FOLLOW US

英2部ダービー、さらに勝ち点9をはく奪される…失った合計は「-21」に

ダービー・カウンティの勝ち点はく奪は合計「-21」に [写真]=Getty Images

 ダービー・カウンティ(イングランド2部)は16日、EFL(イングリッシュ・フットボールリーグ)から勝ち点はく奪の処分を受けたとクラブ公式サイトで発表した。

 発表によると、ダービーはリーグの収益性と持続性に関する規則に違反したことを認め、直ちに適用される勝ち点「-9」の処分を受けた。また、2021-22シーズンの残りの期間内にEFLと合意した予算の条件に従わなかった場合、さらに勝ち点「-3」の処分が適用される。なお、処分は最終決定となり、ダービーは控訴することができない。

 ダービーは今年9月に破産を申請して管財人を任命した際、EFLから勝ち点「-12」の処分を受けていた。ダービーはこの処分に対する控訴を棄却することに合意し、同制裁は引き続き適用される。そのため、現時点ではく奪された勝ち点の合計は「-21」となる。

 元イングランド代表FWウェイン・ルーニー氏が監督を務めるダービーは、2部チャンピオンシップ第17節を終えた時点で3勝9分5敗。本来なら総勝ち点「18」を獲得しているところ、処分により総勝ち点は「-3」となり、最下位に沈んでいる。2部残留圏の21位ピーターバラ・ユナイテッドとの勝ち点差は「18」となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO