FOLLOW US

トッテナムのコンテ新監督が意気込み…今夏の就任を断ったワケも明かす

トッテナムの新監督に就任したコンテ氏 [写真]=Getty Images

 トッテナムのアントニオ・コンテ新監督が、新天地での意気込みを語った。2日、クラブ公式サイトが伝えた。

 トッテナムは11月1日、今季からチームを率いていたヌーノ・エスピリト・サント監督を解任。そして2日、延長オプションが付随した2023年6月30日までの契約でコンテ新監督の招へいを発表した。

 これまでにユヴェントスやチェルシー、インテルなどで数々の成功を収めてきたコンテ新監督は、「監督に復帰できること、そして『再び主人公になる』という野心を持ったプレミアリーグのクラブでそれができることを非常にうれしく思う。トッテナムには最先端の設備、世界でも有数のスタジアムがある」と就任に際してコメント。

 続けて、「選手として、そして監督として、常に私を目立たせてきた情熱、メンタリティ、決意をチームとファンに伝えるために仕事を始めるのが待ちきれないよ」と意気込みを示した。

 コンテ新監督はインテル退団後の今夏にもトッテナムの監督就任が噂されていたが、当時は破談に終わっていた。コンテ新監督は「今夏は、インテルとの関係が終わって間もないことと、シーズン終了後に感情的になっていたことから、監督に復帰するにはまだ適切な時期ではないと感じていた。だから、就任は実現しなかった」と当時を振り返った。

 また、「それでも、私にこの仕事を任せたいというダニエル・レヴィー会長の熱意と決意は、私にも伝わっていた。この機会が戻ってきた今、私は確固たる信念を持ってオファーを受けることにした」とも語っている。

 トッテナムのフットボール・マネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は、ユヴェントス時代に共闘したコンテ新監督の招へいについて、次のように語っている。

「アントニオをクラブに迎えることができて嬉しく思う。彼の実績は、イタリアとイングランドの両方での豊富な経験とトロフィーを持っていることが物語っている。ユヴェントスで一緒に仕事をした経験から、アントニオが我々にもたらしてくれる資質を私は身をもって知っている。彼が我々の才能ある選手たちと一緒に仕事をしてくれることを楽しみにしているよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO