FOLLOW US

マンCディアス、一発退場のラポルテを擁護「レッドだと思わなかった」

ルベン・ディアスとアイメリク・ラポルテ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cのポルトガル代表DFルベン・ディアスが、同クラブのスペイン代表DFアイメリク・ラポルテを擁護した。クラブ公式サイトが30日にコメントを伝えている。

 マンチェスター・Cはプレミアリーグ第10節でクリスタル・パレスとホームで対戦。マンチェスター・Cは1点ビハインドの45+2分、ウィルフレッド・ザハを倒したラポルテにレッドカードが提示されて一発退場となった。その後マンチェスター・Cは88分に失点し、0-2でクリスタル・パレスに敗れた。

 R・ディアスは試合後「プレミアリーグは常にタフな試合になる。今日はベストな状態ではなく、チームは全力で戦ったけれど十分ではなかった」と振り返り「何が起きてもこのチームは常にモチベーションが高く、やる気に満ちている」と意気込みを述べた。

 また、R・ディアスはラポルテの退場について「まだあの場面を見返していないけれど、レッドカードが出されたのは少し奇妙に思った」と言及。「僕はイエローカードだと思っていたよ。レッドカードだと思わなかった」と擁護した上で「それでも結果を受け入れるしかない」と述べた。

 マンチェスター・Cは3日、チャンピオンズリーグのグループステージでクラブ・ブルージュと対戦し、6日にプレミアリーグ第11節でマンチェスター・Uと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO