FOLLOW US

大ケガから復活のR・ヒメネス、待望の復帰後初ゴールに歓喜「本当に嬉しかった」

336日ぶりにゴールを記録したR・ヒメネス [写真]=Getty Images

 ウルヴァーハンプトン(ウルブス)に所属するメキシコ代表FWラウル・ヒメネスが、336日ぶりにゴールを記録した。26日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 現在30歳のR・ヒメネスは、2020年11月29日に行われたプレミアリーグのアーセナル戦で相手DFダヴィド・ルイスと衝突し、頭蓋骨を骨折する大ケガを負い、戦線を離脱。今夏からチーム練習に完全復帰し、8月14日に行われた今季の開幕節レスター戦で公式戦復帰を果たしていた。

 そして、26日に行われたプレミアリーグ第6節のサウサンプトン戦に先発出場したR・ヒメネスは61分、味方GKジョゼ・サのロングフィードから抜け出し、ドリブルでペナルティエリアに侵入すると、相手DFを2人かわして冷静にゴールへと流し込んだ。この得点が決勝点となり、試合は1-0でウルブスが2試合ぶりの白星を収めた。

 大ケガから復帰後、6試合目で待望の初ゴールを挙げたR・ヒメネスの公式戦での得点は、2020年10月25日のニューカッスル戦以来、336日ぶりとなった。試合後、同選手は「本当に嬉しかった。このために戦ってきたし、努力もしてきたから、いつか決まることはわかっていた。毎試合ゴールを決めたいし、全てのチームにその可能性がある」と喜びを口にした。

 また、R・ヒメネスは試合後に自身の公式ツイッターも更新。「このゴールは僕一人で祝えるものではない。家族、全てのチームメイト、医者たち、理学療法士、そして常に僕をサポートしてくれて、より強くなって戻ってくることを疑わなかった全ての人たちによって祝われるべきものだ。これが道であり、より多く決められるように努力を続けていく」と感謝をつづった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO