FOLLOW US

トッテナム指揮官、合流拒否のケインに言及「内部で解決していく」

去就に注目が集まるケイン [写真]=Getty Images

 トッテナムを率いるヌーノ・エスピリト・サント監督は、チームへと合流していないイングランド代表FWハリー・ケインについて語った。4日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 7月半ばまでEURO2020に参加していたケインは、短い休暇を経て、2日からチームトレーニングに復帰する予定だった。しかし同日、ケインがトッテナムの練習場に姿を見せなかったことで大きな話題に。練習欠席は新型コロナウイルスの検査とも関係なかった模様で、同選手の態度に激怒したトッテナムは同選手に罰金を科すと見られている。

 今週末から練習に参加することを計画していることが複数メディアで報じられている一方で、イギリス紙『ガーディアン』は4日になっても休暇先のアメリカに滞在していることを伝えている。アメリカからイギリスへと帰国した際には最低でも5日間の隔離が義務化されているため、少なくとも来週の前半まで練習に参加することは不可能となった。これにより、15日に予定されているマンチェスター・Cとのプレミアリーグ開幕戦は欠場することが濃厚となっている。

 未だ去就については不透明で合流する時期もわからないケインについてヌーノ監督は、4日に行われたプレシーズンマッチ『マインド・シリーズ』のチェルシー戦後(2-2の引き分け)に言及。「私はすぐにハリーと話すことを期待している。未だにチャンスがなかった。まずは自分たちで問題を解決しなければならない。それからみんなに言うよ」と現在のところ発表できることはないと強調しつつ、次のように続けた。

「コメントしたくないと言うわけではない。でも、この問題に関連する全てのことは私たちの中で議論すべきことだと信じている。それについてはいかなる議論も公にすることは避けたいと思う。私たちの間で、状況を改善させるために何が重要かに焦点を当てる必要がある。私たちはクラブの間で話し合い、より良い解決策と状況の結論を出せるように内部で解決していきたい」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO