FOLLOW US

トゥヘル監督、移籍噂のロフタス・チークに言及「判断するには早すぎる」

移籍が噂されるロフタス・チーク [写真]=Getty Images

 チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がイングランド人MFルベン・ロフタス・チークの去就について言及した。2-1で勝利したアーセナルとのプレシーズンマッチ終了後のインタビューに応じ、1日のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 チェルシーはロフタス・チークについて今夏に放出することを検討していると報じられることも少なくない。2014年にトップチームに昇格した同選手は2018-19シーズンではケガに悩まされ、昨シーズンはフルアムにレンタル移籍してリーグ戦30試合に出場していた。

 トゥヘル監督は「ルベンを判断するには早すぎる」とコメントし、現段階で放出に踏み切るつもりはないだようだ。「彼は手の中にすべてを持っている。彼は自分の将来を決めることができる」と続け、同選手の力が証明されることを期待している。

 ロフタス・チーク本人はチェルシーでの残留を望んでいて、今シーズンはチェルシーで「全力で取り組む」シーズンにすると誓っていた。

「試合ではとてもいい結果を残すことができた。ケガから1シーズンが経ち、体調を整え、自分の体に自信を持つことができ、今シーズンはそこからスタートすることができた」

「今はとてもフィットしていて、強くなったと感じている。できればケガをしないようにしたいね」

「昨シーズンは初めて完全にケガのないシーズンで、自分にとって大きなプラスなこと。いつもケガに悩まされていたからね」

「フィットしていても数試合欠場したりしたけど、昨シーズンは毎回のトレーニングでフィットして全ての試合で出場可能だったことは僕の体にとっていいことだった」

 新シーズンへの意気込み十分なロフタス・チークは、“ケガのない”シーズンで自分の居場所を確保できるだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO