FOLLOW US

元英代表DFケーヒル、C・パレスからの退団を発表…新天地は未定

ケーヒルがクリスタル・パレス退団 [写真]=Getty Images

 元イングランド代表DFガリー・ケーヒルが1日、クリスタル・パレスからの退団を自身の公式SNSで発表した。

 現在35歳のケーヒルはボルトンやチェルシーなどで活躍し、イングランド代表としては61キャップを記録。2019年夏、チェルシーからクリスタル・パレスへとフリー移籍し、同クラブでは公式戦通算47試合に出場した。

 クリスタル・パレスとケーヒルの契約は、6月30日付で満了を迎えていた。契約延長の動きも見られたものの、高額のサラリーがネックとなり、交渉は難航が報じられていた。

 退団が決まったケーヒルは、自身の公式インスタグラムを通じて次のようにコメント。クリスタル・パレスへの感謝をつづった。

「考えに考え抜いた結果、2年間の楽しい時間を過ごしたクリスタル・パレスを去ることにした。クラブの関係者、特に僕をサウスロンドンのファミリーに迎え入れてくれたファンやスタッフに心から感謝している。クラブの将来の成功を願い、来シーズンの成功を祈っているよ」

 なお、ケーヒルの新天地は未定。イギリス紙『サン』などの報道によると、レンジャーズが同選手の獲得に関心を示しているようだ。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO