FOLLOW US

エヴァートンがハメス売却を検討…高額な年俸を考慮とベニテス監督が示唆

エヴァートンに所属するハメス [写真]=Getty Images

 エヴァートンは、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの放出を検討しているようだ。16日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今年6月にラファエル・ベニテス監督を新たな指揮官に迎えたエヴァートンは、現在プレシーズンキャンプを行っており2021-22シーズンへの準備を進めている。新たな選手の補強も噂されているが、今回の報道によると、同クラブは補強に関するルールにあたるフィナンシャル・フェア・プレー規定(FFP)を遵守するため、高給取りの選手を放出する必要を迫られているようだ。そしてそのなかの1人が、昨年9月にレアル・マドリードから加入したハメスと伝えられている。

 ベニテス監督は「このクラブが、ここ数年で多額の補強資金を費やしてきたことは誰もが知っていることで、それはFFPが関与していることを意味する。高額な給与を受け取りながらレギュラーとしてプレーできない選手がいるならば、誰もがその解決策を見つけたいと思う。その一つは、新たな選手に使うお金を生み出すことでもある。だから我々は今あるものを最大限に活用し、チームを強くする選手を獲得できるよう、可能な限り最善の方法で管理を進めていくつもりだ」と語った。

 およそ700万ユーロ(約9億円)の年俸を受け取っているとされるハメスだが、今後新天地を求めることになるのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO