FOLLOW US

バイエルン指揮官、マンU移籍が噂されるゴレツカに「彼の残留を願っている」

ドイツ代表でバイエルン所属のゴレツカ [写真]=Getty Images

 バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、同クラブに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカについて語った。7日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 EURO2020のドイツ代表にも招集されていたゴレツカは、2020-21シーズンのバイエルンでブンデスリーガ24試合に出場し5ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグでは7試合に出場し2ゴールを記録した。

 しかし今夏、すでにドルトムントからFWジェイドン・サンチョを獲得しているマンチェスター・Uが、ゴレツカの獲得に乗り出す可能性があるという。そして連日退団の噂が絶えない同選手に対して、ナーゲルスマンは「レオンはとても重要な選手だ。これから長く一緒に仕事ができたら嬉しく思う。彼はヨーロッパで最も危険なMFの1人だ。当然、彼の残留を願っているよ」と言及。来シーズンへ共闘を望むコメントを残した。

 また同監督は、バイエルンと5年契約という長期契約を結んだことに対しても「自分がクラブに良い結果をもたらすため、事前に称えてくれているのだと感じる。このレベルの信頼を得ることは、非常に重要なことだ。しかしそれと同時に、私が提供しなければならないことも感じている。私はそのことをよく理解しているし、しっかり実行したいと思っているよ」とその解釈を語り、来シーズンへの意気込みを示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO