FOLLOW US

サンチョ獲得に迫るマンU、バイエルンMFゴレツカにも関心か

マンチェスター・Uが関心を寄せるゴレツカ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uが、バイエルンに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカに関心を持っているようだ。30日、イギリスメディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 現在EURO2020が開催されていることから、今夏の移籍市場は通常よりやや遅れて動き出すことが予想されている。それでも、オーレ・グンナー・スールシャール監督の下、プレミアリーグ制覇を目指しているマンチェスター・Uは大型補強を目指している模様だ。

 すでにドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ獲得に迫っていることが明らかとなっているほか、レアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァランやウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスなどの獲得に関心を示していることが報じられている。

 そんな中、ドイツ紙『ビルト』は、マンチェスター・Uがバイエルンのゴレツカに関心を示していることを伝えている。報道によると、現在26歳のゴレツカの現行契約は2022年6月30日までと残り1年となっていることから、バイエルンとの契約延長交渉が始まったという。しかし、同選手が新契約に要求している金額がバイエルンの悩みの種となっているようだ。

 バイエルンは昨年夏にマンチェスター・Cからドイツ代表FWレロイ・サネを獲得したことで給与バランスが崩壊。ゴレツカやドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ、フランス代表FWキングスレイ・コマンなどがサネと同様の金額を要求している模様で、契約延長交渉が難航しているという。この影響で今夏にゴレツカが移籍を希望する可能性もあることから、マンチェスター・Uが獲得を検討していることが明らかとなった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO