FOLLOW US

イングランド代表サウスゲート監督の契約更新は既定路線? FAのCEOが信頼語る

FAのCEOから厚い信頼を寄せられるサウスゲート監督 [写真]=Getty Images

 イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は、EURO2020終了後に新契約を提示される可能性が高まっているようだ。26日、スペイン紙『アス』が報じている。

 同紙によると、イングランドサッカー協会(FA)の最高経営責任者(CEO)を務めるマーク・ブリンガム氏が同監督への絶対的な信頼を口にし、ウェンブリー・スタジアム(ロンドン)で29日に行われるEURO2020決勝トーナメント1回戦のドイツ戦の結果に関係なく、同監督に新契約を提示するだろうと伝えている。

 おとり取材が原因となり在任わずか67日で退任したサム・アラダイス前監督の後を受け、2016年11月に就任したサウスゲート監督。現行契約は2022年冬に行われるカタールワールドカップ(W杯)終了後までだが、ブリンガムCEOは同監督が新契約を結ぶことを期待しているようだ。

 さらに同CEOは「ガレスは本当にソリッドな守備で今大会のグループリーグ(GL)を首位で通過するという素晴らしい仕事を成し遂げた。加えて、ピッチ内外のあらゆる面で本当に良い成績を残している。我々のサポートは100%揺らぐことは無い。我々は100%ガレスについていく。私たちの彼に対する感情は彼も知っている。私たちは彼がピッチ内外で素晴らしいと感じている。我々は彼に続投して欲しい。彼は素晴らしい仕事をしているよ」と語っている。

 CEOからの厚い信頼を受けているサウスゲート監督。カタールW杯以降も“スリーライオンズ”(イングランド代表の愛称)のベンチに座り続けることとなるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO