FOLLOW US

バロンドール受賞期待も…謙虚さ貫くカンテ「今話すのは時期尚早」

バロンドール受賞が期待されるカンテ [写真]=Getty Images

 フランス代表MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)が、期待されているバロンドールの受賞に言及した。フランス紙『レキップ』が伝えている。

 カンテは今シーズン、チェルシーで公式戦48試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)では準決勝から決勝まで3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されるなど、9年ぶり2度目のCL優勝に貢献した。

 この活躍から今年のバロンドール受賞も期待されているカンテだが、6日に行われたフランス代表での会見で、「今、そのことについて話すのは時期尚早だ。1年のうちの半分を迎えたばかりで、あと6カ月もある。まだまだたくさんの試合や大会がある。今日、僕が受賞に値するかは言う必要はないと思う」と語ると、次のように続けた。

「数年前にはトップ10に入ったこともあって、それは嬉しかったけど、受賞するということはまた別の話だ。選手にとっては素晴らしい個人賞だと思う。この賞は素晴らしいシーズンを送った結果として得られるものだと思うが、目標としているわけではない」

 チェルシーとの現行契約は2023年6月30日までとなっているカンテ。一部ではクラブ側が契約延長に動いていることが報じられているが、同選手もチェルシーから当面離れるつもりがないことを明かした。

「僕はチェルシーに5年間在籍していて、素晴らしいシーズンを楽しんできた。さらに多くのことを経験できればと思っている。このことについてはあまり考えていない。チェルシーとは2年契約が残っていて、気分はいいよ」

 また、謙虚で優しい選手だと認知されているカンテだが、「時々、ちょっと素敵すぎたり、美化されすぎたりしているイメージがあるのは事実だ。だが、結局のところ、僕は普通の人なんだ」と自身の評判は誇張されすぎていると強調した。

「僕が一番優しいとか、一番良いやつと言われる必要はない。僕は他の人と同じようにただ普通の選手なんだ。時々、誇張されすぎていると思っている。そんな必要はないのにね。チームメイトとはうまくやっていきたいし、サッカーで出会う人や街中で出会う人とは良い関係を築きたいのは事実だ。それはそれだが、サッカー界には他にもそういう人はいる。話を大袈裟にする必要はないんだよ」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO