FOLLOW US

マンU、トリッピアーに関心を示す… ワン・ビッサカの競争相手に

ワン・ビッサカの競争相手はマンチェスター・Uファンのトリッピアーに? [写真]=Getty Images

 来シーズンのプレミアリーグで覇権奪回を狙うマンチェスター・Uがアトレティコ・マドリードのイングランド代表DFキーラン・トリッピアー獲得に興味を示しているようだ。2日、イギリスメディア『マンチェスター・イブニングニュース』が伝えている。

 現在マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、右サイドバックのレギュラーを務めるイングランド人DFアーロン・ワン・ビッサカの攻撃性能に疑問を持っていると伝えられている。さらに、2020年夏の移籍市場では、ポルトからブラジル代表DFアレックス・テレスを獲得し、ライバルができたことが刺激となったイングランド代表DFルーク・ショーがクラブの年間MVPを獲得したという事例もある。これらのことから、トリッピアーを獲得し、ワン・ビッサカの競争相手にしたいと考えているようだ。

 なお、マンチェスター・Uは今年冬の移籍市場でもトリッピアーの獲得に動いていたが、イングランドサッカー協会(FA)より過去の賭博関与による10週間の出場停止処分を受けたこともあり、手を引いていた。

 現在30歳のトリッピアーは、2019年夏の移籍市場でトッテナムからアトレティコ・マドリードに加入し、2020―21のリーガ・エスパニョーラ優勝に貢献。国際試合では、2018年のロシアワールドカップに出場し、今夏に行われるEURO2020のメンバーにも選ばれるなど実績は十分。しかも同選手はマンチェスター・Uファンの家庭で育ったうえに、アトレティコ・マドリードとの現行契約は残り1年となっており、加入の可能性は決して小さくないと考えられる。移籍が実現すれば、“赤い悪魔”に多くのものをもたらすと考えられるが果たして。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO