FOLLOW US

ペップ、今季限りで退団するアグエロに涙「代わりなんていない」

退団するアグエロにグアルディオラ監督が言及した [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、今シーズン限りで退団するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを涙ながらに称えた。23日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ第38節が23日に行われ、マンチェスター・Cはホームでエヴァートンと対戦し、5-0で快勝した。今シーズン限りでの退団が決定しているアグエロは65分から途中出場を果たし、2ゴールを記録。データサイト『OPTA』によると、アグエロが途中出場から2ゴールを挙げたのは、同選手のマンチェスター・Cデビュー戦となった2011年8月のスウォンジー戦以来、2度目のことに。また、プレミアリーグでの通算得点数を「184」とし、単独クラブでの最多得点記録を更新した。

 試合後、本拠地『エティハド・スタジアム』での最終戦で途中出場ながら2ゴールを挙げたアグエロについて聞かれたグアルディオラ監督は「私たちは彼をとても愛している。彼は私たち全員にとって特別な人物だ。彼は多くのことで助けてくれた。彼の代わりなどいない。代わりなんていないんだよ。ジョー・ハートやダビド・シルバらとともにこのクラブがここまで来るのに頑張ってくれた。そして、30分間で彼はクオリティを示したんだ」と涙ながらに同選手を称賛し、次のように続けた。

「完璧な最後で、おとぎ話のような瞬間だった。とても良かった。信じられないような2ゴールを挙げて、最後の試合をとても良い雰囲気で終えることができた。今からは(チャンピオンズリーグ)決勝のために5日間準備していく」

 また、グアルディオラ監督はイギリスメディア『BBC』でアグエロの去就についても言及。「もしかしたら、私は秘密を明かすのかもしれない。多分彼は私の心のクラブでもあるバルセロナとの契約にほぼ合意していると思う。彼は史上最高の選手である(リオネル・)メッシと一緒にプレーすることになるだろう」とバルセロナ移籍に近づいていることを明かした。

 現在32歳のアグエロは2011年夏にアトレティコ・マドリードからマンチェスター・Cに移籍。これまで10シーズンで公式戦389試合に出場し、260ゴールを記録している。1年目の2011-2012シーズンには最終節のQPR戦で劇的な決勝ゴールを決めてクラブ史上初のプレミアリーグ制覇に導くなど、これまで4度のリーグ優勝や5度のリーグカップ制覇などに貢献。14-15シーズンには26ゴールを挙げてプレミアリーグ得点王に輝いた。今シーズンはケガや新型コロナウイルスの影響もあったが、公式戦19試合の出場で6ゴール1アシストを記録した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO