FOLLOW US

アンチェロッティ監督、決勝点のストライカーを称賛「GKの前で冷静になっていた」

エヴァートンに所属するC・ルーウィン [写真]=Getty Images

 エヴァートンのカルロ・アンチェロッティ監督が同クラブのイングランド代表FWドミニク・カルヴァート・ルーウィンについて言及した。9日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同日に行われたプレミアリーグ第35節で5位のウェストハムと対戦したエヴァートンは、C・ルーウィンの今シーズン16点目となるゴールが決勝点となり0-1で勝利。試合を終えたアンチェロッティ監督は、そのC・ルーウィンをはじめとする選手たちの活躍を称えている。以下のように語った。

「C・ルーウィンもリチャーリソンも、チームのために素晴らしい働きをしてくれた。私は彼らに縦方向にプレーして、相手に脅威を与えるように指示をした。そして彼らは、それを何度も実行してくれたんだ。今日のゴールは、トップストライカーのゴールだ」

「ストライカーが準備をしてスピードを上げて適切なタイミングで動き出し、そしてGKの前で冷静になっていた。C・ルーウィンのゴールのほとんどはクロスやボックス内のワンタッチゴールだったが、今日は素晴らしいゴールを決めてくれたね」

 またアンチェロッティ監督は「ここで勝たなければヨーロッパのカップ戦争いから脱落してしまうため、重要な勝利だった。選手たちはこの試合の重要性を理解していたし、モチベーションが非常に高かったように思う。アストン・ヴィラ戦(次戦)でも同じように選手たちがゲームを感じることが重要だ」とコメント。エヴァートンは現在、5位ウェストハムと勝ち点差3で8位につけている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO