FOLLOW US

アーセナル、スミス・ロウのプレミア初得点など3発勝利…WBAは1年で降格決定

プレミア初ゴールを記録したエミール・スミス・ロウ [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第35節が9日に行われ、アーセナルウェスト・ブロムウィッチ(WBA)が対戦した。

 9位アーセナルと19位WBAの一戦。WBAは今節敗れればシェフィールド・Uに続いて2部降格が確定する。ヨーロッパリーグ(EL)準決勝で敗退となったアーセナルが3試合未勝利のWBAをホームに迎えた。

 序盤から積極的に攻めるWBAは12分、マテウス・ペレイラがエリア手前から左足で狙うが、ボールはわずかにゴール左に外れた。アーセナルは17分、ブカヨ・サカがエリア内左に侵入してシュート体勢に入るが、間一髪のところでスライディングでカットされる。

 試合を動かしたのはアーセナルだった。29分、ウィリアンが左サイド高い位置のサカにスルーパスを送ると、折り返しにエミール・スミス・ロウが左足のボレーで合わせ、ゴールに叩き込んだ。さらにアーセナルは35分、追加点を奪う。右サイドの高い位置でボールを受けたニコラ・ペペがカットインから左足を振り抜くと、ボールはGKの指を弾いてゴール左上に突き刺さった。

 アーセナルは41分、再び左サイドのウィリアンからサカへとつなぐと、折り返しに今度はガブリエウ・マガリャンイスがヘディングで合わせる。しかし、枠に飛ばすことはできない。2点リードで後半へ折り返したアーセナルは59分、ダニ・セバージョスから左のサカへつなぎ、折り返す。これにガブリエウ・マルティネッリとスミス・ロウが飛び込むが、合わせることはできなかった。

 残留へ意地を見せたいWBAは67分、反撃弾を奪う。自陣深い位置でボールを奪い、カウンターを発動すると、ボールを受けたペレイラが相手エリア手前までドリブルで独走。左足でシュートを放つと、ボールはゴール右下に吸い込まれた。同点弾を狙うWBAは73分、左サイドのクロスにダーネル・ファーロングがヘディングで合わせるが、これは惜しくもゴール右に外れる。

 後半勢いを落とすアーセナルは90分、エリア手前でFKを獲得すると、これをウィリアンが直接狙う。ボールは鮮やかな軌道を描いてゴール左上に吸い込まれた。試合はここで終了。アーセナルがWBAに勝利し、WBAの1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。また、スミス・ロウは今節、プレミアリーグ初得点を記録した。

 次節、アーセナルは12日にアウェイでチェルシーと、ウェスト・ブロムウィッチは16日にホームでリヴァプールと対戦する。

【スコア】
アーセナル 3-1 ウェスト・ブロムウィッチ

【得点者】
1-0 29分 エミール・スミス・ロウアーセナル
2-0 35分 ニコラ・ペペアーセナル
2-1 67分 マテウス・ペレイラアーセナル
3-1 90分 ウィリアン(アーセナル


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO