FOLLOW US

マンチェスター・C、欧州スーパーリーグからの撤退を発表「手続きを正式に行った」

マンチェスター・Cが欧州スーパーリーグから撤退 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cは20日、参加を表明していた欧州スーパーリーグ(ESL)からの撤退を正式発表した。

 マンチェスター・Cは現地21時頃にクラブ公式サイトを通じて声明を発表。「マンチェスター・Cは欧州スーパーリーグの計画を進めているグループから離脱するための手続きを正式に行ったことをお知らせします」とESL撤退を正式表明した。

 ESLはマンチェスター・Cを含む欧州の強豪12クラブによって18日に創設が発表された。しかし、これには参加クラブのサポーターや大会不参加のクラブをはじめ、FIFA(国際サッカー連盟)やUEFA(欧州サッカー連盟)、各国連盟などが猛反発。チャンピオンズリーグ(CL)やワールドカップなどの既存大会への出場を禁止する措置も示唆された。そのため、マンチェスター・Cは準決勝に進出した今季のCLから追放される可能性も浮上していた。

 参加表明からわずか2日後の20日午後には、チェルシーとマンチェスター・Cが反発を受けてESL撤退の手続きを始めたとイギリスメディア『BBC』など現地メディアが一斉に報道。チェルシーでは、同日にホームで行われたプレミアリーグ第32節のブライトン戦前に約1000人のファンがスタジアムに集結し、ESL参加に猛抗議を行っていた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO