FOLLOW US

リヴァプールがヴィラに劇的逆転勝利! 後半ATのA・アーノルド弾で3連勝

リヴァプールとアストン・ヴィラが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第31節が10日に行われ、リヴァプールとアストン・ヴィラが対戦した。

 リヴァプールは13分、ディオゴ・ジョッタのスルーパスに反応したモハメド・サラーが相手GKとの一対一を迎えたが、ゴール左下隅を狙ったフィニッシュは枠を外れる。31分にはトレント・アレクサンダー・アーノルドが直接フリーキックを狙ったが、相手GKエミリアーノ・マルティネスに防がれる。その直後のコーナーキックにはジョッタが頭で合わせたが、惜しくも枠を捉えられない。

 すると43分、アストン・ヴィラが先制する。相手のクリアを高い位置でカットして速攻に転じると、ジョン・マッギンの縦パスを受けたオリー・ワトキンスは相手を背負いながら左足で流し込んだ。

 リヴァプールは前半アディショナルタイム2分、アレクサンダー・アーノルドのロングフィードに抜け出したジョッタからサラー、アンドリュー・ロバートソンとつないでロベルト・フィルミーノが押し込んでネットを揺らす。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるレビューの結果、ジョッタがオフサイドラインをほんのわずかに越えていたと見なされ、得点は取り消された。

 ビハインドで折り返したリヴァプールは、57分に正真正銘の同点弾を獲得する。ジェームズ・ミルナー、ジョッタを経由してボールを受けたロバートソンは、左サイドを駆け上がった勢いそのままに左足を振り抜く。シュートは相手GKにセーブされたが、こぼれ球にすかさずサラーが反応して押し込んだ。

 追いつかれたアストン・ヴィラは62分、ワトキンスの落としを受けたマフムード・トレゼゲが右足アウトサイドを使って流し込もうとしたが、シュートは右のポストに阻まれる。

 一進一退の攻防が続いたが、後半アディショナルタイムにリヴァプールが逆転の1点を獲得する。ジェルダン・シャチリのクロスに合わせたチアゴ・アルカンタラのダイレクトシュートは相手GKマルティネスの好セーブに阻まれたものの、こぼれ球を左に流れていたアレクサンダー・アーノルドが回収。中央に少し切り込んでエリアの外から右足を振り抜き、ゴール右下隅に突き刺した。

 試合はこのまま終了。劇的な逆転勝利を収めたリヴァプールは、リーグ戦3連勝で暫定4位に浮上した。また、ホーム戦9試合ぶりの白星となった。一方、あと一歩のところで勝ち点を逃したアストン・ヴィラは、2試合ぶりの黒星となった。

 リヴァプールは次節、チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのレアル・マドリード戦を挟んで、19日にリーズとアウェイで対戦する。アストン・ヴィラは21日にマンチェスター・Cとホームで対戦する。

【スコア】
リヴァプール 2-1 アストン・ヴィラ

【得点者】
0-1 43分 オリー・ワトキンス(アストン・ヴィラ)
1-1 57分 モハメド・サラー(リヴァプール)
2-1 90+1分 トレント・アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO