FOLLOW US

アーセナルvsリヴァプールについて知っておきたい7つのこと

アーセナルとリヴァプールが対戦する [写真]=Getty Images

 3日に行われるプレミアリーグ第30節では、アーセナルが本拠地『エミレーツ・スタジアム』にリヴァプールを迎える。

 開幕から29試合を戦い終えて、リヴァプールは勝ち点「46」の7位、アーセナルは勝ち点「42」の9位となっている。勝ち点「51」で4位につけるチェルシーとの差を考えると、これ以上勝ち点を落とすわけにはいかないだろう。さらに来週には、ヨーロッパリーグ(EL)とチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝が控えており、シーズンの山場へと突入する。

 スペクタクルな戦いを繰り広げてきた両チームだけに、今回も激闘必至。この大一番について知っておきたい7つのトピックを紹介する。

[写真]=Getty Images

■今季4度目の対戦

コミュニティ・シールドを制したアーセナル

 アーセナルとリヴァプールが顔を合わせるのは今季4度目となる。昨年8月に行われたコミュニティー・シールドで対戦して以降、プレミアリーグとカラバオ・カップ4回戦でも激突。リーグ戦ではリヴァプールが逆転勝利を収めたものの、コミュニティー・シルドとカラバオ・カップではPK戦に突入する激闘を演じ、どちらも5-4で制したアーセナルが勝利を手にした。なお、リヴァプールは今季のアーセナル戦3試合で52本のシュートを放つ一方、アーセナルのシュート数は18本に留まる。昨年10月以来の対戦となる今回のゲームを制するのは、果たしてどちらだろうか。

■プレミア“最多得点”のカード

この対決でハットを達成したフィルミーノ(左)やアルシャヴィン(右)

「アーセナル対リヴァプール(リヴァプール対アーセナルも含む)」は、プレミアリーグで最も多くのゴールが生まれているカードだ。過去57試合で、アーセナルは72得点、リヴァプール94得点、合わせて166回もネットを揺らしている。最後にスコアレスドローに終わったのは、ユルゲン・クロップ監督が就任する前の2015年8月のこと。以後、10戦連続でゴールが生まれており、そのうち8試合で4ゴール以上が飛び交っている。またプレミア史上、ハットトリック数が最も多いのもこのカードだ。リヴァプールが5-1で勝利した2018年12月には、ロベルト・フィルミーノがハットトリックを達成。それを含めて、過去に6度のハットトリックが記録されている。互いの“らしさ”が発揮されれば、恒例の打ち合いが見られるはずだ。

■ロンドンで無敗のリヴァプール

 リヴァプールは今季プレミアリーグで9敗を喫しており、過去3シーズンの敗戦数(9)に並んでいる。この数字からもスランプは否めないが、ロンドンでは好成績を収めている。“首都”で開催されたリーグ戦は今季ここまで5試合を戦って、4勝1分けの負けなし。今回の試合に勝てば、プレミア創設前の1989-90シーズン以来初めて、1シーズン中に“首都”で5勝を達成することになる。ホームゲームは6連敗中のリヴァプールだが、相性の良い街で嫌な流れを払拭したいところだろう。注目選手はサディオ・マネ。今季プレミアリーグで記録した7ゴールのうち4ゴールは、ロンドン開催のゲームで記録している。さらにアーセナルに対しては、15試合の出場で7ゴールを記録。今回も“背番号10”の一発に期待したい。

■先制点の重要性

 先制点はどのチームにとっても大事だが、リヴァプールに関しては勝敗に直結する重要な要素だ。というのも、彼らは2021年になってから、相手に先制されると必ず負けているのだ(7敗)。その一方で、プレミアリーグで先制したゲームは最近100試合で2敗(84勝14分け)しかしていない。ただし2敗のうち1敗を記録したのは、昨年7月に『エミレーツ・スタジアム』で行われたゲームになる。リーグ制覇を決めたリヴァプールは、その3日後にアーセナルと対戦し、逆転負けを喫した。アーセナルは直近のホームゲームでもトッテナム相手に逆転勝利を収め、前節はウェストハムに3点を先取されながら引き分けに持ち込んでいる。先行逃げ切り型のリヴァプールか、それとも粘り強さを発揮するアーセナルか。最後まで勝負のもつれる展開になるかもしれない。

■指揮官のマネジメント力もカギに

アルテタ監督(左)とクロップ監督(右)

 アーセナルは来週、ELでスラヴィア・プラハと対戦。一方のリヴァプールは、このアーセナル戦から3日後に行われるCLでレアル・マドリードとのアウェイゲームに臨む。ミケル・アルテタ監督にしても、クロップ監督にしても、先を見据えたゲームプランが求められるだろう。両チームともにリーグでの“トップ4争い”から脱落したわけではないが、欧州カップ戦で優勝できれば、来季のCL出場権が手に入るからだ。ピッチに立てばアドレナリン全開となる選手たちをどのように起用し、どのタイミングで選手交代を行うか。マネジメント力が問われる一戦とも言える。アーセナルでは、代表ウィーク中に負傷したブカヨ・サカとスミス・ロウの状態が気になるところ。スタメン選考にも要注目だ。

■代表落選がむしろ追い風に!?

トレント・アレクサンダー・アーノルド

 この試合では、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルドからも目が離せない。22歳の俊英は、3月のイングランド代表メンバーから落選。2018年のロシア・ワールドカップでA代表に初選出されてから、負傷以外の理由で招集外となったのは今回が初めてだった。過去2シーズンは、DFとしてプレミア最多のアシスト数をマーク。だが今季はセンターバックの相次ぐ負傷が影響して本領を発揮できず、パフォーマンスも低下している。とはいえ、フル稼働を続けてきた彼にとって、この代表ウィークは心身ともにリフレッシュする貴重な時間にもなったはずだ。チャージが完了したアレクサンダー・アーノルドのパフォーマンスに期待したい。

■予想オッズは?

 日本時間2日15時現在、英国大手ブックメーカーの『ウィリアム・ヒル』はアーセナルの勝利に「3.1倍」、リヴァプールの勝利に「2.25倍」、ドローに「3.5倍」というオッズを付けている。アーセナルのホームゲームではあるものの、今季はアウェイゲームの方が戦いやすそうなリヴァプールがやや優位と予想したようだ。しかしリヴァプールは、プレミアリーグにおけるアーセナルとのアウェイゲームは最近20試合でわずか2勝。昨季は先制しながら逆転負け、その前の2シーズンはいずれも先制しながらドローに終わっている。最後まで何が起こるか分からないのが、このカードの特徴だ。3月の代表ウィークを終え、いよいよ終盤戦に突入するなか、勝ち星を挙げるのは果たしてどちらになるだろうか。

(記事/Foomedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO