FOLLOW US

イングランド指揮官が主将スターリングの重要性を説明「彼は覚悟ができている」

イングランド代表で腕章を巻いたスターリング [写真]=Getty Images

 イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は、チームにおけるFWラヒーム・スターリングの重要性を語った。27日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 カタール・ワールドカップ欧州予選第1節で、サンマリノ代表を5-0と下したイングランド代表。この日イングランドの主将を務めたスターリングは、チーム3得点目をあげて快勝スタートに貢献した。サウスゲート監督は、フィル・フォーデン、ジャック・グリーリッシュ、メイソン・マウント、ブカヨ・サカ、ジェシー・リンガード、そしてジェイドン・サンチョと数多くの実力者がひしめくアタッカー陣において、スターリングを重用する理由について明かしている。

「彼は非常に重要なプレーヤーだ。対戦相手が我々のチームを見るとき、ラヒームは彼らが調査をして、警戒する選手であることを分かっている」

「意欲的な選手であり、彼の前に困難が訪れたときはいつでも、それに向き合って仕事を引き受けようとする。良いプレーをするための覚悟ができているね」

「彼は我々とともに、ビッグサマーを迎えたいと思っている。彼は我々のチームがうまくいっている時の、重要なパートを担っているんだよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO