FOLLOW US

サウスゲート監督、2年4カ月ぶり招集のDFショーは「非常に良くなっている」

マンチェスター・Uで活躍するルーク・ショー [写真]=Getty Images

 イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督がアルバニアとの対戦を前に、同国代表に招集されているマンチェスター・UのDFルーク・ショーとチェルシーMFメイソン・マウントについて言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が27日付けで報じている。

 イングランド代表は24日に行われたカタール・W杯欧州予選のグループI第1節でサンマリノ代表と対戦し、5-0で大勝。28日に第2節でアルバニア代表と対戦する。現在25歳のショーは負傷の影響もあり、2018年11月以来となるベンチ入りを果たした。サウスゲート監督はサンマリノ戦で出番のなかった愛弟子のショーについて以下のようにコメントした。

「彼は非常に良くなっている。ルークは、私が指揮を執ったU-21イングランド代表の最初の試合でプレーしたんだ。彼がプレーしているのを見るのは素晴らしいことだし、攻撃でも本当に野心的だ。前への推進力を生かすコンディションも整っているようだし、ボールの扱いも優れている。彼にとっては良い時期だと思うよ。彼は相手のウイングに対して積極的な守備をするから1対1で対戦するのは難しい。センターバックのカバーリングもうまくなっている」

 ショーは2014年夏にサウサンプトンからマンチェスター・Uに加入。今季はここまで、公式戦36試合に出場して1ゴール6アシストを記録しており、主力として活躍を続けている。また、年代別の代表にも名を連ね、2014年3月、18歳でイングランド代表デビューを果たし、通算8試合に出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO