FOLLOW US

サンマリノ代表に大勝のイングランド代表指揮官「チーム全体がプレーに飢えていた」

サウスゲート監督がサンマリノ戦を振り返った [写真]=Getty Images

 イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督がサンマリノ代表戦後にコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 イングランド代表はカタール・ワールドカップ欧州予選第1節でサンマリノ代表と対戦。14分にMFジェームズ・ウォード・プラウズが折り返しを流し込んで先制点を決めると、21分にFWドミニク・カルヴァート・ルーウィンがヘディングで叩き込んで追加点。さらに31分、エリア左に抜けたラヒーム・スターリングが右足シュートで3点目を挙げた。後半には53分にC・ルーウィンが折り返しに合わせ、83分にはFWオリー・ワトキンスが代表デビュー弾となるダメ押しゴール。イングランドが5-0の大勝スタートを飾った。

 試合後インタビューに応じたサウスゲート監督は「チーム全体がプレーに飢えていた」と試合を振り返った。

「これまで、退屈な試合になりがちだったが、もうこのチームは少し違う。チームをオープンアップできるクリエイティブな選手たちがいるんだ。このようなチャンスの多くは、良いプレッシングとピッチの高い位置でのボール奪取によって生まれたものだ。もちろんそれだけではなく、選手たちのポジション交換や視野も必要だけどね。何か付け加えるとすれば、もっと点を取るべきだったかもしれない。だが、相手のGKが本当にファンタスティックなプレーだったことも言及しなければならない」

「トップチームになるためには、毎日のトレーニングセッションや試合で、こうした行動や習慣を示さなければならない。そして今日は試合をリスペクトし正しい臨み方ができたから嬉しいよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO