FOLLOW US

リヴァプール、“ダービー”敗れリーグ4連敗…エヴァートンが4戦ぶり白星

エヴァートンがリヴァプールに勝利した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第25節が20日に行われ、リヴァプールエヴァートンが対戦した。
 
 リヴァプールエヴァートンの“マージーサイド・ダービー”はリヴァプールの本拠地『アンフィールド』で行われた。リヴァプールはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のファーストレグでライプツィヒに勝利したが、プレミアリーグでは3連敗中となっている。一方、前節のマンチェスター・C戦に1-3で敗れたエヴァ―トンもリーグ戦3試合未勝利となっている。

 また、リヴァプールのセンターバックには前節に続きジョーダン・ヘンダーソンとオザン・カバクが入った。エヴァートンのドミニク・カルヴァート・ルーウィンはベンチスタートとなった。

 アウェイのエヴァートンが開始早々に試合を動かした。3分、ハメス・ロドリゲスのスルーパスに抜けたリチャーリソンが相手エリア内に侵入し、GKアリソンと1対1になる。これを右足でゴール左に冷静に流し込み、リードを奪った。

 リヴァプールは30分、負傷したヘンダーソンに代わりナサニエル・フィリップスがピッチに入る。エヴァートンは直後の33分、左サイドのリュカ・ディニュがあげたクロスにシェイマス・コールマンが飛び込みながらフリーでヘディングで合わせる。しかし、これはGKアリソンの正面を突き、追加点とはならなかった。

 リヴァプールは35分、モハメド・サラーからボールを受けたカーティス・ジョーンズがエリア外から右足でシュートを放つが、これはゴール右に外れた。1点ビハインドで後半へ折り返したリヴァプールは50分、エリア内右でボールを受けたトレント・アレクサンダー・アーノルドがクロスを上げるが、これはざすかにサディオ・マネには合わず。

 後半に入り、優勢な展開を見せるリヴァプールは69分、右サイドからロベルト・フィルミーノが仕掛け、エリア内のジェルダン・シャチリを経由してモハメド・サラーに渡ると、GKジョーダン・ピックフォードと1対1になる。しかし、左足のシュートはGKピックフォードの好セーブに阻まれた。

 エヴァートンは81分、カウンターからリチャーリソンのスルーパスに走りこんだ途中出場のカルヴァート・ルーウィンが右足でダイレクトシュートを放つ。これはGKアリソンに防がれたが、詰めようとしたところをアレクサンダー・アーノルドに倒され、PKを獲得した。83分、これをギルフィ・シグルズソンが決め、2点差とした。

 試合はこのまま終了。より相手ゴールに迫ったリヴァプールだったが、エヴァートンに2失点で敗れた。これでリヴァプールはリーグ戦4連敗で、消化試合が1試合少ないエヴァートンと勝ち点40ポイントで並んだ。エヴァートンは4戦ぶりの勝利を収めた。

 次節、リヴァプールは28日にアウェイでシェフィールド・Uと、エヴァートンは3月1日にホームでサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 0-2 エヴァートン

【得点者】
0-1 3分 リチャーリソンエヴァートン
0-2 83分 ギルフィ・シグルズソン(PK/エヴァートン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO