FOLLOW US

南野拓実がクールな先制弾! サウサンプトン、チェルシーと引き分け6連敗ストップ

サウサンプトンとチェルシーが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第25節が20日に行われ、MF南野拓実が所属する13位サウサンプトンと4位チェルシーが対戦した。南野は3試合連続の先発起用となり、左の攻撃的MFとしてプレー。33分にゴールを挙げ、76分まで出場した。

 6連敗中のサウサンプトンが、4連勝中のチェルシーをホームに迎えての一戦。23日にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリード戦を控えるチェルシーは、クル・ズマとエンゴロ・カンテがトーマス・トゥヘル監督就任後初のリーグ戦先発となり、足首の状態が心配されていたタミー・アブラハムもスタメンに名を連ねた。

 サウサンプトンは序盤から相手のDFラインに対するハイプレスを試みたが、連動性に欠いて上手くハマらず、チェルシーがボールを握る展開となる。だが、チェルシーもゴール前での精彩を欠いて攻めあぐね、スコアレスで試合は推移する。そんななか迎えた33分、南野がネイサン・レドモンドのスルーパスを上手く収めてゴール前に侵入。シュートモーションで寄せてきた相手DFと相手GKの体勢を崩させると、最後は右足のアウトサイドを使って冷静に流し込んだ。サウサンプトンに先制点をもたらした南野は、2試合ぶりのゴールで加入後2点目となり、今季公式戦では通算6点目となった。

 ビハインドで折り返したチェルシーは、53分にメイソン・マウントがエリア内で倒されてPKを獲得する。マウント自らキッカーを務めると、相手GKの逆を突いて試合を振り出しに戻す。

 サウサンプトンは71分、コーナーキックの2次攻撃から決定機を迎える。レドモンドが左サイドからクロスを送ると、ボールは手前のDFに当たってファーサイドのヤニク・ヴェステルゴーアに渡る。ヴェステルゴーアが頭で合わせると、相手GKエドゥアール・メンディは一歩も反応できなかったが、シュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。対するチェルシーは73分、カラム・ハドソン・オドイとのパス交換からマウントが右足を振り抜いたが、相手GKアレックス・マッカーシーの好セーブに阻まれる。

 76分、チェルシーは後半の頭から途中出場したハドソン・オドイを下げてハキム・ツィエクを投入。同時に、マテオ・コヴァチッチとの交代でジョルジーニョがピッチに入った。一方のサウサンプトンは、南野に代えてネイサン・テラを投入する。

 結局、試合はこれ以上動かず引き分けのまま終了。サウサンプトンのリーグ戦連敗が「6」で止まった一方、チェルシーのリーグ戦連勝は「4」でストップした。サウサンプトンの次戦は23日に行われ、第18節延期分としてリーズとアウェイで対戦する。チェルシーはルーマニアでアトレティコ・マドリードと対戦後、28日のプレミアリーグ第26節でマンチェスター・Uとホームで対戦する。

【スコア】
サウサンプトン 1-1 チェルシー

【得点者】
1-0 33分 南野拓実(サウサンプトン)
1-1 54分 メイソン・マウント(チェルシー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO