FOLLOW US

今節ドロー決着も…マンU指揮官、リーグ優勝を諦めず「何が起きてもおかしくない」

試合を終え選手を労うスールシャール監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、リーグ戦について言及した。14日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同日に行われたプレミアリーグ第24節で、マンチェスター・Uウェスト・ブロムウィッチと対戦。しかし1ー1の引き分けで終わり、首位に立つマンチェスター・Cとの勝ち点差が「7」にまで開く結果となった。ただ、それでもスールシャール監督は逆転でのリーグ制覇へまだまだ気を緩めていないようだ。試合後、以下のように語っている。

「こんなに早い段階で諦める人はいないだろう。今シーズンは予測不可能だ、また人生は予測不可能だ。これから何が起きてもおかしくない」

「もちろん2位に甘んじるつもりもない。我々は首位のマンチェスター・Cに最も迫っているチームであり、すぐ上のチームに挑戦していかなければならない。そのために試合に勝ち続ける必要がある。彼らを逃すつもりは全くないよ」

 果たしてマンチェスター・Uの逆転優勝は叶うのだろうか。同クラブの次戦は18日、UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦でレアル・ソシエダと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO