FOLLOW US

ミスからの失点で敗戦…アーセナル指揮官が嘆き節「ゴールをプレゼントしていては…」

2021.02.07

アーセナルを率いるアルテタ監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、黒星を喫したアストン・ヴィラ戦を振り返ってコメントした。6日、クラブが公式サイトで伝えている。

 6日、アーセナルはアストン・ヴィラの本拠地に乗り込み、プレミアリーグ第23節を戦った。前節は2人の退場者を出して、久々の敗戦を喫していたアーセナルは、この日もその悪い流れが続いているかのように、開始2分に自陣での連携ミスからボールを奪われ失点。後半にかけて、同点に向け猛攻を見せたアーセナルだったが、結局アストン・ヴィラの守備を崩すことはできず0-1で敗戦となった。

 これでリーグ戦2連敗となったアーセナル。上昇気流へ乗ったかに思われたものの、ここに来て再び取りこぼしが続くチームのパフォーマンスを、アルテタ監督はこう評価した。

「またしても、非常に力強いパフォーマンスが見られた。我々は試合を完全に支配し、すべての局面を支配したのだから、試合にも勝つべきだった。しかしプレミアリーグでは、相手にゴールをプレゼントしていては、そして敵陣エリア内で冷酷でなければ、試合に勝つことはできないんだ」

「それ以外の、チームがプレーしたスタイル、彼らが見せたエネルギー、彼らが見せた質、作り出したチャンスの数、ボールを奪い返すスピード、ロングボールへの対処、セカンドボールの処理とデュエルにおけるアグレッシブさ、それらのすべては素晴らしいものだった。だが、それでは勝利するのに十分ではなかったということだ」

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO