FOLLOW US

クロップ監督が南野の移籍理由を説明…必要なのは「継続して試合に出ること」

クロップ監督が南野の移籍理由を説明 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が2日、サウサンプトンにレンタル移籍したFW南野拓実について説明した。クラブ公式サイトが伝えた。

 南野は加入2年目の今シーズン、プレミアリーグで9試合の出場に留まっていた。クロップ監督も「タクミは信じられないほど素晴らしい選手だが、十分なチャンスを与えることが出来なかったことは事実だ」とチャンスの少なさを認め、要因として「理由は様々だ。ディフェンスにおいて、我々に十分な高さがなかったことが問題で出場できないこともあった」と“サイズ”の問題を述べた。

 また移籍先が同じプレミアで戦うサウサンプトンになった理由について「サウサンプトンがオファーを出してきて、彼をレンタル移籍させることについて理に適ったクラブは多くなかったが、サウサンプトンは違った。彼には現在17試合に出場できるチャンスがある。サウサンプトンの状況にタクミがフィットして、全ての試合に出場することが出来れば、みんなの助けになる。それはサウサンプトンと我々の両方の助けになる。なぜなら、タクミに足りなかったものは継続して試合に出ることだけだからね。今シーズンはそれが難しかった」とチャンスを得られる環境の存在を挙げた。

 またサウサンプトンで南野へ期待することについて問われると、「彼はそこでただフットボールを楽しめばいい。彼は素晴らしいプロで、本当に一流の才能を持っており、非常に良い選手だ。全てが素晴らしい」と回答した。

 リヴァプールは順風満帆なシーズンを送ることができているわけではないが、「我々のチームには素晴らしい攻撃陣がいる。チームとして苦戦したことも沢山あったが、攻撃の部分で苦戦したことはあまりない」と攻撃のクオリティを誇り、「僕の仕事は、試合の結果を想像して判断を下すことだ。例えば、彼と出場争いをしてきた選手たちは本当に調子が良かった。(ジェルダン・)シャチリが復帰したときは、非常によく見えたし、ディヴォック(・オリギ)に関しても、彼が過去に成し遂げたことを我々は知っている」としてライバルと比べて南野の出場機会が少なかった理由を述べている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO