FOLLOW US

ラッシュフォード、人種差別被害に…子供たちへの配慮で差別メッセージの公表はせず

マンチェスター・Uのラッシュフォード [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが人種差別被害に遭っていたようだ。公式SNSで明かしている。

 ラッシュフォードは30日に行われたアーセナル戦後、Twitterを更新して「人類とソーシャルメディアにおける最悪の場合だ。そう、僕は黒人で、毎日誇りを持って暮らしている。誰も、あるいは誰のコメントでも、僕に何かが違うと感じさせるようなことはない。強いリアクションを求めていたなら申し訳ないけど、あなたがここでそれを得ることはできないだろうね」と人種差別に屈しない姿勢を示した。

 また「スクリーンショットの共有はしないよ」と自身の元へ届いた人種差別メッセージを公表しない方針を示し、「そうすることは無責任だ」と述べた。また「僕のことをすべての色の美しい子供たちがフォローしていて、彼らはそれを読む必要はないのさ。祝うべき美しい色だ」と自身のアカウントをフォローしている子供たちへの配慮を示している。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO