FOLLOW US

マンUが首位維持…リヴァプールとの注目の一戦はスコアレスドロー

リヴァプールとマンチェスター・Uが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第19節が17日に行われ、リヴァプールマンチェスター・Uが対戦した。リヴァプールに所属するFW南野拓実はベンチスタートとなり、リーグ戦4試合連続で出番は訪れなかった。

 前節のバーンリー戦に勝利し、3年4カ月ぶりに首位に立つマンチェスター・Uと勝ち点3ポイント差で暫定3位につけるリヴァプールとの首位攻防戦。リヴァプールは勝利すれば得失点差でマンチェスター・Uを上回り首位を奪還できるが、直近のリーグ戦3試合では2分け1敗と波に乗れていない状況だ。一方、マンチェスター・Uは第7節のアーセナル戦以来、リーグ戦では負けがなく、2連勝で臨む。試合はリヴァプールの本拠地『アンフィールド』で行われた。

 また、リヴァプールはジェルダン・シャチリが今季リーグ戦初の先発出場を果たし、主将のジョーダン・ヘンダーソンは最終ラインに入った。マンチェスター・Uはマーカス・ラッシュフォードを頂点にスコット・マクトミネイ、アントニー・マルシャル、ブルーノフェルナンデスらが名を連ねた。

 序盤からボール保持率を高めるリヴァプールは14分、ロベルト・フィルミーノがエリア手前から放ったシュートのこぼれ球をアンドリュー・ロパートソンがダイレクトでシュート。しかし、ボールは枠を越えた。さらにリヴァプールは17分、エリア内で縦パスを受けたサディオ・マネが落とし、フィルミーノが左足でシュートを放つが、ゴール左に外れる。

 リヴァプールは21分、エリア手前でボールを受けたシャチリが左足でシュートを放つが、ボールは相手ディフェンダーに当たり、ゴール右に外れた。30分を経過してリヴァプールのシュート数8本に対してマンチェスター・Uは0本と、リヴァプールがよりゴールに迫る展開となった。

 マンチェスター・Uは34分、エリア手前でFKを獲得すると、ブルーノ・フェルナンデスが直接狙う。しかし、ボールはわずかにゴール左に外れる。スコアレスで後半へ折り返すと、リヴァプールは62分、右サイドからカットインしたフィルミーノがゴール前へ送る。これを受けたモハメド・サラーが左足で狙ったが、枠を捉えることはできなかった。

 マンチェスター・Uは72分、ブルーノ・フェルナンデスのクロスにポール・ポグバがヘディングで合わせるが、GKの正面を突いた。さらにマンチェスター・Uは75分、エリア内左をでボールを受けたマクトミネイが折り返すと、ブルーノ・フェルナンデスが右足で合わせる。しかし、GKに左足1本で防がれた。リヴァプールは78分、チアゴ・アルカンタラがエリア手前から右足で強烈なミドルシュートを放つが、GKに弾かれた。

 マンチェスター・Uは83分に決定機を迎える。エリア内中央でフリーでボールを受けたポグバが右足でシュートを打つが、GKの正面を突いた。試合はこのままスコアレスで終了。マンチェスター・Uが首位をキープし、リヴァプールは3位となった。また、リヴァプールはリーグ戦4試合未勝利で、3試合無得点となった。

 次節、リヴァプールは21日にホームでバーンリーと、マンチェスター・Uは20日にアウェイでフルアムと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 0-0 マンチェスター・U

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO