FOLLOW US

今季プレミアリーグもいよいよ折り返し…全20クラブの戦いぶりを象徴するスタッツを紹介

例年以上に混戦模様の今季プレミアリーグ [写真]=Getty Images

 年が明け、プレミアリーグはいよいよシーズンの折り返し地点を迎えようとしている。期待値に見合った結果を出すチームもあれば、予想外の不振に陥ったチームもあったが、イギリスメディア『Football365』はここまでの戦いぶりを象徴するようなスタッツをチーム別に紹介している。

※スタッツの参照元は、データサイト『FBref』と『WhoScored.com』
※情報はすべて1月6日時点のもの
[写真]=Getty Images

1位 リヴァプール

17試合/9勝6分2敗/37得点21失点

 オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクやイングランド代表DFジョー・ゴメスなど守備陣にケガ人が相次いでいるが、リーグ最多得点を誇る攻撃力が不安を打ち消している。ボール支配率「60.5%」はリーグで唯一の60%超え。敵陣ペナルティエリナ内のボールタッチ数も最多604回を記録するなど、相手を押し込んだ攻撃が多くなっている。

2位 マンチェスター・U

16試合/10勝3分3敗/33得点24失点

 大一番での勝負弱さは否めないが、リーグ戦ここ10試合負けなし(8勝2分け)で、リヴァプールと同勝ち点「33」を稼いでいるマンチェスター・U。彼らの最大の武器はカウンターアタックで、この形からリーグ最多の5ゴールを奪っている。

3位 レスター

17試合/10勝2分5敗/31得点21失点

 今季も、スピーディーな攻撃で勝利を積み重ねているレスター。リーグトップのPK獲得数(10)を誇り、PKでの得点数が最も多いのもエースの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディー(6点)になる。

4位 トッテナム

16試合/8勝5分3敗/29得点15失点

 効率の良さが光るトッテナムは、シュート決定率がリーグトップの16%を記録。中央のエリアをしっかりと固め、イングランド代表FWハリー・ケインと韓国代表FWソン・フンミンのホットラインでゴールを狙う形は分かっていても止められない。

5位 マンチェスター・C

15試合/8勝5分2敗/24得点13失点

 ショートパスの成功数が1試合あたり553.8本。これはリーグNo.1の数字で、素早いパス回しでゲームを支配するという考え方に変化は見られない。際立つのは守備の堅さで、ここまで15試合で13失点。1試合平均の被シュート数(7.9本)と共にリーグ最少を誇る。

6位 サウサンプトン

17試合/8勝5分4敗/26得点19失点

 2021年の初戦で王者リヴァプールを撃破したサウサンプトン。前からのプレッシングが持ち味で、1試合平均のタックル数はリーズ(19.5)を上回るリーグトップの19.6回。アグレッシブなスタイルで欧州カップ戦の出場権獲得も狙えそうだ。

7位 エヴァートン

16試合/9勝2分5敗/26得点20失点

 サッカーをやったことのある者なら、一度は憧れる試合中の“股抜き”。エヴァートンはこの数がリーグ最多(20)で、選手別ではブラジル代表FWリチャーリソンが最多タイとなる7回の成功数を誇るという。

8位 アストン・ヴィラ

15試合/8勝2分5敗/29得点16失点

 イングランド代表MFジャック・グリーリッシュや同国出身FWオリー・ワトキンスなど国産の若手タレントを中心に、今季序盤戦を沸かせたアストン・ヴィラ。平均シュート数は15.9本とリーグNo.1で、マンチェスター・C(15.6本)やリヴァプール(15.4)を上回っている。

9位 チェルシー

17試合/7勝5分5敗/32得点21失点

 今夏に大型補強を敢行し、プレミアリーグトップレベルの選手層を作り上げたチェルシー。フランク・ランパード監督がこれまでに起用した選手はリーグ最多の27人を数え、得点を奪った選手(13名)とアシストを記録した選手(12名)の数もそれぞれリーグNo.1だという。

10位 ウェストハム

17試合/7勝5分5敗/24得点21失点

 チームを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は「あらゆる点を改善しないといけない」と口にするが、インターセプトだけは手を加える必要がない。彼らはプレミアリーグで最もインターセプトを成功(平均12.2回)をさせているからだ。なかでもイングランド代表MFデクラン・ライスの働きが素晴らしく、平均2.1回の成功数はリーグトップ10に入る。

11位 アーセナル

17試合/7勝2分8敗/20得点19失点

 ミケル・アルテタ監督が目指すサッカーは確実に浸透しつつある。ボールロストの回数は1試合当たり6.8回とプレミアリーグで最も少ない。今季ここまで10試合に出場しているエジプト代表MFモハメド・エルネニーに至っては、わずか2回しかボールを失っていない。

12位 リーズ

17試合/7勝2分け8敗/30得点33失点

 全員攻撃・全員守備、さらにボールと人が絶え間なく動くサッカーで見るものを魅了するリーズ。オープンプレーからのシュート数は1試合あたり11.8本を数え、マンチェスター・C(11.5)、リヴァプール(10.9)を上回ってリーグトップだという。スペクタクルな試合を求めるなら、リーズを見逃す手はない。

13位 ウルヴァーハンプトン

17試合/6勝4分7敗/18得点24失点

 プレミアリーグ復帰3シーズン目を迎えた今季はここまで、ロングパスの成功数がリーグ最多の559本を数えるという。ただ前線で“ターゲットマン”となっていたメキシコ代表FWラウル・ヒメネスが頭蓋骨骨折で離脱中。当面の間は復帰できず、戦い方に変化が必要かもしれない。

14位 クリスタル・パレス

17試合/6勝4分7敗/22得点29失点

 現在14位のクリスタル・パレス。いつもどおりのシーズンを過ごす彼らは、相手のクロスをブロックした数(平均2.2回)が最も多いそう。

15位 ニューカッスル

16試合/5勝4分7敗/18得点26失点

 ゴール前に“バスを置く”硬い守りと、スピード自慢の攻撃陣によるカウンターで勝ち点を稼ぐニューカッスル。1試合の平均クリア数「24.4」は、リーグ最多の数字だ。

16位 バーンリー

15試合/4勝4分7敗/9得点20失点

 バーンリーと言えば、「キック&ラッシュ」。大男たちが見せる競り合いは、往年のイングランドフットボールファンにはたまらないだろう。実際、空中戦勝利数はリーグトップの平均23回になる。彼らにとって利き足は“頭”と言っても過言ではない。

17位 ブライトン

17試合/2勝8分7敗/21得点28失点

 良い試合をしているのに結果がついてこない――今季のブライトンはまさにそういうチームだ。ここまで17試合を戦って、リーグ最多の8つの引き分けを記録している。ただ第10節リヴァプール戦では、土壇場のPKで勝ち点1を獲得。直近のウルヴァーハンプトン戦では、1-3の状況から見事追いついてみせた。

18位 フルアム

15試合/2勝5分8敗/13得点23失点

 昇格組のフルアムは1試合平均のドリブル成功数「14.5」がリーグNo.1。カメルーン代表MFアンドレ・フランク・ザンボ・アンギとイングランド人FWサアデモラ・ルックマンの2人は、選手別のドリブル成功数でリーグトップ5に入るという。

19位 ウェスト・ブロムウィッチ

17試合/1勝5分11敗/11得点39失点

 1試合平均のシュートブロック数「4.5」がリーグ最多を誇る。ただ、リーグ最多の失点数(39)が示すとおり、相手に自由な攻撃を許してしまっている。新たに招へいした老将サム・アラダイス監督のもとで守備を立て直し、残留を目指す。

20位 シェフィールド・U

17試合/0勝2分15敗/8得点29失点

 最下位に沈む彼らの目を引くスタッツを調べるのは相当難しかった模様。ようやく見つけたのが、プレミアリーグの名物レフェリーとして知られるマイク・ディーン氏が主審を担当した回数「3」だった。ただ、これもマンチェスター・Cと同回数になる。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO