FOLLOW US

今季は出場機会激減も…マンU、MFリンガードの契約延長オプションを行使

マンチェスター・Uが契約延長オプションを行使したとされるジェシー・リンガード [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、同クラブに所属するイングランド代表MFジェシー・リンガードの1年間の契約延長オプションを行使したようだ。31日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 契約期間は2022年6月末までになるという。リンガードは昨季、公式戦40試合に出場して4ゴール2アシストを記録していたが、今季に入ると出場機会が激減。これまで公式戦出場数はカラバオ・カップの2試合のみとなっている。

 リンガードには今夏、2016年7月から2018年12月までマンチェスター・Uを指揮したジョゼ・モウリーニョ監督が率いるトッテナムへの移籍が噂され、同選手自身も移籍を検討していると報じられていた。また、今回の報道によると、リンガードの代理人は今冬の移籍市場でのレアル・ソシエダへの移籍に向けて交渉を行ったという。他にも複数のクラブと交渉を行ったが、最終的に実現することはなく、クラブは延長オプションを行使したようだ。

 現在28歳のリンガードは2008年からマンチェスター・Uに在籍している。2012年にトップチーム昇格を果たすと、レスターやバーミンガムなど国内複数クラブへの期限付き移籍を経験。2015年にクラブに復帰した。

 


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO