FOLLOW US

リヴァプール、相手の守備を崩せずドローで2020年を終える…FW南野は出場せず

リヴァプールとニューカッスルが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第16節が行われ、ニューカッスルリヴァプールが対戦した。

 首位のリヴァプールは前節、ウェストブロミッチに終盤に同点弾を許してドロー。今節は2枚を入れ替え、センターバックの一角にはナサニエル・フィリップス、インサイドハーフにジェームズ・ミルナーが入った。

 最初にチャンスを作ったのはニューカッスル。12分、ロングパスに反応したカラム・ウィルソンがフィリップスを振り切ってゴール前へ侵入。至近距離からシュートを放ったが、ファビーニョの素早い寄せもあって決めきれず。

 リヴァプールは34分、ジョーダン・ヘンダーソンの浮き球パスからモハメド・サラーが抜け出し、GKカール・ダーロウと1対1を迎えるがストップされる。

 前半終了間際にはロベルト・フィルミーノが左サイドからのクロスを頭で合わせたが、再びダーロウが好反応でセーブし0ー0でハーフタイム突入。

 後半に入り54分、CKからサディオ・マネがニアサイドでヘディングを放ったが、これはサイドネット。66分にはカウンターで持ち上がったフィルミーノのパスを受けたサラーが相手DFを外して、左足で狙うも枠をそれる。

 1点が遠いリヴァプールはジョルジニオ・ワイナルドゥムとチアゴ・アルカンタラを相次いで投入。81分にはチアゴのパスを受けたトレント・アレクサンダー・アーノルドがゴール前へ送ると、ダーロウの弾いたボールがマネに当たってゴール方向へ。しかしファビアン・シェアがゴールライン上でクリアして、得点を許さない。

 最後までゴールラインを割れなかったリヴァプールは今シーズン初のリーグ戦無得点。年内最終戦は勝ち点「1」の獲得に留まった。

【スコア】
ニューカッスル 0ー0 リヴァプール


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO