FOLLOW US

プレミアで4戦未勝利…モウリーニョが攻撃陣に不満「ゴールに迫ることすらも…」

トッテナムを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、引き分けに終わったウルヴァーハンプトン戦を振り返ってコメントした。27日、クラブが公式サイトで伝えている。

 27日、トッテナムはアウェイでウルヴァーハンプトンで対戦。試合は開始早々の1分にトッテナムが、フランス代表MFタンギ・エンドンベレのゴールで先制したものの、スコア変わらずに迎えた終盤の86分、ウルヴァーハンプトンが同点に追いついて1-1の引き分けに終わった。これでプレミアリーグの直近4試合未勝利となったトッテナムは、一時は首位に立っていたその勢いを失う形となってしまっている。

 モウリーニョ監督は試合後、チームのパフォーマンスについてコメント。守備面を評価した一方で、追加点を奪えなかった攻撃面の課題を指摘した。

「ディフェンス面に目を向ければ、ソリッドなパフォーマンスだったと思う。ウルヴスと対戦する時は、ウーゴ(・ロリス)が重要なセーブをしたのは覚えていないが、しかし開始1分に先制すれば、より多くのゴールを狙う時間が89分間もあるということだ。我々はゴールすることはできなかったし、ゴールに迫ることすらもほとんどできなかった」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO