FOLLOW US

トッテナムが今季初のリーグ戦連敗…PKとオウンゴールでレスターに敗れる

トッテナムとレスターが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第14節が行われ、トッテナムとレスターが対戦した。

 今季2敗目を喫した前節リヴァプール戦から中3日のトッテナムは、同試合からスターティングメンバーを2枚変更。左サイドバックにセルヒオ・レギロンを起用し、中盤ではタンギ・エンドンベレが先発に名を連ねた。一方、16日の前節エヴァートン戦に敗れたレスターの先発変更も2人。最終ラインのジョニー・エヴァンスとティモシー・カスターニュが先発に復帰した。

 試合は拮抗した展開で推移し、スコアレスで折り返すかに思われたが、前半アディショナルタイムにレスターが先制のチャンスを得る。ウェスレイ・フォファナがセルジュ・オーリエに後ろから倒されたとして、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入によってPKを獲得。キッカーのジェイミー・ヴァーディは低くて速いボールをど真ん中に蹴り込み、前半終了間際に先制点を奪った。

 後半開始早々の47分、レスターはジェームズ・ジャスティンのロングフィードから決定機。相手の背後を取ったジェームズ・マディソンが、相手GKとの一対一を制してネットを揺らしたが、VARによってマディソンのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。

 すると59分、レスターが追加点を獲得する。マルク・オルブライトンが右サイドからアーリークロスを送ると、頭で合わせたヴァーディのシュートは枠を捉えられなかった。だが、ボールは相手DFトビー・アルデルヴァイレルトの右ひざに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 トッテナムは71分、右サイドのコーナーキックから途中出場のギャレス・ベイルがインスイングのボールを供給。アルデルヴァイレルトが頭でコースを変え、飛び込んだソン・フンミンが押し込もうとしたが、相手GKカスパー・シュマイケルのファインセーブに阻まれた。

 トッテナムは最後まで1点が遠く、試合はこのまま終了。トッテナムはリーグ戦初の連敗で3敗目となり、首位リヴァプールと勝ち点差「6」の4位に後退した。一方、レスターは2試合ぶりの白星で今季9勝目とし、2位に浮上した。次節、トッテナムは27日にアウェイでウルヴァーハンプトンと、レスターは26日にホームでマンチェスター・Uと対戦する。

【スコア】
トッテナム 0-2 レスター

【得点者】
0-1 45+4分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)  
0-2 59分 オウンゴール/トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO