FOLLOW US

年間最優秀監督賞のクロップ、受賞が予想外だったと明かす「フリックが受賞するものだと…」

年間最優秀監督賞を受賞したクロップ監督 [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)男子年間最優秀監督賞に輝いたユルゲン・クロップ氏が、受賞に際してその心境を語った。17日、FIFAが公式サイトで伝えている。

 FIFAは17日、スイスのチューリッヒで年間表彰式『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2020』を開催。男子年間最優秀監督賞は、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が2年連続で受賞することとなった。現在53歳の同指揮官は、昨季リヴァプールを30年ぶり19回目のプレミア制覇に導き、リーグ開幕から27試合無敗(26勝1分)やリーグ記録に並ぶ「18」連勝、クラブ史上最多の勝ち点「99」獲得などの記録を残した。

 クロップ監督は受賞を受け、最優秀監督の最終候補に残ったマルセロ・ビエルサ監督(リーズ)とハンジ・フリック監督(バイエルン)にも言及しながら、その心境を語った。

「私にはたくさんの感謝したい人たちがいる。特に私のコーチングスタッフたちだ。もし今夜受賞すると思っていれば、私は彼ら全員をここに連れてきていただろうね」

「多くの人が今夜の表彰に驚いたかもしれないね。私も、バイエルンが素晴らしいシーズンを送っていたから、ハンシ・フリックが受賞するものだと思っていたよ」

「それでも、私たちはとても誇りに思っているよ。大きな名誉だし、とても信じられないね。私はマルセロ・ビエルサに最大級の敬意を持っているし、フリックも受賞に値すると思っている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO