FOLLOW US

モウリーニョ監督、WBAに辛勝もチームに満足感を示す「相手に違う問題を与えられた」

トッテナムのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、リーグ戦について言及した。8日、クラブ公式サイトで伝えられている。

 8日に行われたプレミアリーグ第8節でウェスト・ブロムウィッチと対戦したトッテナムは、88分にイングランド代表FWハリー・ケインが決勝点を決め、アウェイの地で苦しみながらも0ー1の勝利を挙げた。これで公式戦3連勝を飾りプレミアリーグの順位も2位にまで上げたモウリーニョ監督は、試合を振り返り以下のようにコメントしている。

「難しい相手だった。彼らはトッテナムを分析しストロングポイントを見極め、我々のサッカーを阻止してきたからね。そして味方同士の連携やプレーの激しさも備えていた。彼らは本当に一生懸命に戦ったと思う」

「ただ難しい試合だったとはいえ、我々はとにかく相手を押し込むことができた。そして後半に(カルロス・)ヴィニシウスを投入してチームの構造を少し変更し、相手に違う問題を与えられたと思う。そのおかげでハリーは少し自由になり、決勝点を決めることができたんだ。彼らの姿勢には満足しているよ」

 好調を維持するトッテナムの次戦は21日、ホームにマンチェスター・Cを迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO