FOLLOW US

3失点完敗のアーセナル…指揮官が反省の弁「チームではなかった」

アーセナルを率いるアルテタ監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、チームとして試合に臨むことができなかったとアストン・ヴィラ戦を振り返った。8日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ第8節が8日に行われ、アーセナルはホームでアストン・ヴィラと対戦。25分にオウンゴールから先制を許すと、72分と75分にはオリー・ワトキンスに追加点を許し、0-3で敗れた。

 アルテタ監督は試合後、「最初にアストン・ヴィラがプレーした方法と勝利したことを祝福したい」と対戦相手に賛辞を送った一方で、「我々は自分たちの平均を大きく下回るパフォーマンスをしてしまった。そして、チームとしてプレーできなかったことを初めて見たと言わざるを得ないと思う」と反省を口にした。

「私は全責任を負う。私にはチームにピッチで最高のパフォーマンスをさせる責任がある。しかし、今日はチームではなかった。それは私の仕事で、だからこそここに立っている。フラストレーションは溜まっている。勢いや戦い方を構築していくには時間がかかる。そのような途中でこのようなことが起きるのは難しいものだ。それでも、ポジティブな瞬間より、難しい局面の方がより多くのことを学べるものだ。この後どのような反応があるかを見ていきたい」

 11位に後退したアーセナルは次節22日に15位リーズとアウェイで対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO